MENU

自分がワキガかどうか確かめる3つのチェックポイント!

あなたは自分がワキガかどうかを知っていますか?

 

ワキガになってしまうと、他人から避けられやすくなるだけではなく、親しい人たちにも嫌な思いをさせてしまいますよね。

ただ、面と向かってワキガだと指摘されることはなかなかないものです。

 

本当に自分は大丈夫だろうか…そう気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そんな方のために、ここでは自分でもワキガかどうかを確かめる簡単な方法を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

どうやって自分がワキガかどうか分かるのか?

 

では、実際に自分がワキガかどうかを確かめるチェックポイントについて説明していきます。

 

基本的には、次の3点を確かめればよいだけです。

ワキにどれくらいの汗をかくか
耳垢の状態はどうなっているか
衣服のワキの部分にシミはないか

 

それぞれについて、具体的なチェック法を見ていきましょう。

 

これらを確認するだけで、自分はワキガかどうかが大体分かります。

 

 

ワキにどれくらいの量の汗をかくか?

ワキにたくさん汗をかくということは、それだけ多くのアポクリン汗腺があるということです。

 

じつは、ワキガの臭いの元となる汗は、このアポクリン汗腺から出るものなのです。

 

つまり、ワキから多くの汗をかくということは、それだけワキガになりやすい可能性を秘めているわけです。

 

ワキの汗は、運動をしたときはもちろん、緊張したときにも多く出てくるものです。

 

汗をかいたらすぐに、きれいなタオルで拭き取るような習慣を身につけましょう。

 

 

耳垢の状態はどうなっているか?

耳垢と聞いて、ワキガにどんな関係があるのか不思議に思う方もいるかもしれません。

 

ですが、匂いの元となるアポクリン汗腺は、じつは耳にもあるのです。

 

ここで多く汗が分泌されると、湿った耳垢が出るようになります。

 

実際に、耳垢が湿っている人は、そのうち4分の3がワキガになるという統計もあります。

 

ワキガのチェックで耳垢を確かめるのは意外だと思いますが、かなり重要なポイントになるので、ぜひチェックしてみてください。

 

衣服のワキの部分にシミはないか?

衣服のワキの部分に黄色いシミができていたら、ワキガになっているかもしれません

 

というのも、アポクリン汗腺から分泌される汗には、アンモニアや鉄、脂などといった、衣服を黄色くする成分が多く含まれているからです。

 

特に白いシャツだと目立ちやすいので、確かめてみてください。

 

 

このように自分でワキガをチェックすることはできますが、なかなか気が進まないという人も多いのではないでしょうか。

 

もしも、自分がそうだと分かったらやはりショックでしょう。

 

ですが、事実を知らないまま、周りの人に嫌な思いをさせてしまっているとしたら、そちらのほうがよほど辛いことかもしれません。

 

初めは勇気がいるかもしれませんが、それで自分がワキガだと分かったら、次は前向きに対策を進めていくようにしましょう。